夜の世界の経営学: ナイトタイムエコノミーで学んだ究極のサービス

(著) 児島保彦

Amazon

作品詳細

「ナイトクラブの経営から見た『究極のサービスとは何か』をまとめてみました。(中略)一般の会社の皆様にも究極のサービスを知っていただくことによって、『人間の扱い方』『営業の基本』『接客のヒント』等に少しでもお役に立てば幸いです」(はじめに)
高級クラブを顧客に持つ経営コンサルタントが、生き残る店やホステスの条件を徹底分析。人を惹きつける話術や計数管理、客層に合わせた店づくりなど、経営にまつわる様々な戦略とノウハウを紹介し、究極のサービスとは何かを解き明かす。
ナイトワークに関わる人はもちろん、一般のビジネスマンにも役立つ情報満載の一冊。

【著者プロフィール】
児島 保彦(こじま・やすひこ)
経営コンサルタント
中小企業診断士
有限会社 祥 代表取締役

略歴
一九三七年 長野県千曲市に生まれる
早稲田大学商学部卒業
住友大阪セメント(株)常務取締役
六五歳で経営コンサルタントとして独立 有限会社 祥を設立 
清泉女学院短期大学国際科兼任講師 
長野いすゞ自動車(株)取締役副社長を歴任
顧問会社多数

現在 三井住友銀行グループSMBCコンサルティング
日本経営合理化協会、大阪商工会議所他セミナー、中小企業金融公庫講師
SBC放送 「儲かる会社の必勝法」コメンテイター

著書 同友館 プラス思考の社長学「あたり前から始めてみよう」
星雲社 ナイトクラブの経営に見る「究極のサービス」
同友館 偉くなることをためらうな「戦略的出世術」
ダイヤモンド社 社長は社員に期待するな!「儲かる会社は人が1割 仕組みが9割」を昨年三月に出版
台湾国遠流出版社(翻訳)出版
蔦屋書店cccメディアハウス社 会社は本来儲かるようにできている「中小企業が絶対黒字化できる仕組み」

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報