夢の豪華客船クルーズの旅:大衆レジャーとなった世界の船旅

(著) 舟橋栄二

Amazon

作品詳細

紺碧の大海原を進む白亜の豪華客船に乗って、カリブ海に浮かぶ宝石のような島々を巡り、クリスタルなビーチで遊ぶ。ギリシャ・サントリーニ島の絶景のカフェに入り、ワイングラスを傾けながら青く輝くエーゲ海を眺める。
地中海や北欧バルト海周辺に散らばる世界遺産の古都を訪れ、石畳の道を歩いて歴史の息吹を感じる。  
船に帰れば綺麗な客室が待っており、洗練された船内のラウンジで午後のティータイムを過ごす。夕方になると客船内は一段と華やかさを増し、お気に入りのバーで生演奏を聴きながら食前酒のカクテルを楽しむ。
そして夜にはフォーマルウェアに身を包んでシャンデリア輝く豪華絢爛なダイニングルームに入りフルコースの美食に舌鼓を打つ。
そんな夢のような豪華客船クルーズの旅をしてみませんか?
本書には第1章のアジアクルーズから第9章のエーゲ海クルーズまで私が過去7年間(2007年〜2013年まで)に実際に乗船した世界の船旅が詳細に書かれています。
さらに本文中にある多数の写真番号は特設サイト上に収録されている写真(約1400枚)に対応しており、大画面のパソコンで見れば迫力満点のクルーズ写真が目の前に現れます。これらの写真は全て私が現地で撮影したものです。
乗船から客室内の様子、食事、船内施設、そして寄港地観光まで、臨場感溢れる海外クルーズが体感できます。
もちろん本文中にも美しい写真の数々が掲載されていますので本だけでも十分楽しめる内容になっています。
費用が気になる人のために各章末にはクルーズ旅行にかかった全費用が記してあります。
コーヒーか紅茶でも飲みながら優雅な気持ちでページをめくれば、より一層船旅の楽しさを実感して頂けると思います。
本書によってクルーズファンが1人でも増えれば幸いです。

著者プロフィールーーーーー
舟橋 栄二(ふなはし えいじ) 1952年、名古屋市に生まれる。 1978年、岡山大学大学院(理学研究科)を修了し、同年、愛知県の県立高校に赴任する。 以来、27年間、高校の数学教諭として勤務し、2005年3月、53歳で早期退職をする。 退職後は第2の人生を自ら創造しつつ執筆活動をしている。
【著書】
1『熟年世代に送る 安くて豪華に旅する方法—リゾートクラブは宝の山—』 (東京図書出版会)
2『ひと味違った高校数学読本—高校数学の理論的・歴史的・物理的アプローチ—』
3『数学史—高校数学再発見への道—』

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報