実像 吉備真備

(著) 小野克正

Amazon

作品詳細

古代吉備地方出身の武官の子として生まれた真吉備。唐に渡り、苦節17年、最高の学術・文化を学んで帰国。当時専横を極めた藤原氏の排撃を受けながら、開明期日本の進歩に巨大な足跡を残した。しかるに近代以降、皇国史観や国粋主義の立場から、真備の人間像は不当に低く歪められてきた。
いま原点に帰り、諸資料を吟味して真備の実像い迫る。

著者プロフィールーーーーー
小野 克正(おの かつまさ)
関西大学新聞学科卒業、山陽新聞社入社。
業務の傍ら、新聞労働運動・平和運動・郷土史の研究などに取り組む。
新聞社業務では広告開発部長など歴任。
のち、倉敷医療生協常務理事、執筆活動も進めた。

著書
『住民が医療を築いた-倉敷医療生協三十五年史』
『輝いて生きる-岡山県民医連の歩み』ほか。

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報