実践自分史記録選集: 永遠の沙漠浪漫に夢拓く自己満足

(著) 澤井敏郎

Amazon

作品詳細

ー本文よりー
自分の過去を纏めるとなると我田引水、過去の美化、自分本位に陥り易いのは承知の上です。反骨精神強く、改革・開拓・挑戦の意欲力で、何とか8勝7敗の人生だったと自己満足し自負しています。
本選集の編集に当っては先ず、定年後の中国沙漠・モンゴル国・マレーシアボルネオ島・ブラジルアマゾン流域の疎林化地帯でのささやかながら、NGO編成共鳴者達によるボランティア植林帯実践記、趣旨や結果(関西澤井隊編 沙漠浪漫Ⅰ〜Ⅶ)、新聞記事Copy等をまとめました。
この実践自分史選集は自分に係わって頂いた方々に何らかのヒント・示唆・ご参考のお役に立てればと念じ、赤裸々にまとめた次第です。昭和時代に生きたアナログ人の記録を拾い読みして頂ければ望外の喜びです。

著者プロフィールーーーーー
澤井敏郎(さわい としお)

京都府生まれ。
日本木材学会、日本インテリア学会、遊戯史学会、木造建築研究フォーラム、日本建築協会建築クラブ会員、沙漠緑化実践協会理事、日本森林学会準会員、全日本かるた協会競技八段、日本連珠社副理事長名誉八段、日本棋院、囲碁初段、切手収集、日本郵趣協会終身会員、城陽郵趣文化連盟創立、京都府かるた協会顧問、城陽市民族資料館友の会理事、地球の緑を育てる会理事、京都生涯教育研究所正会員、N.GKS(NGO緑の協力隊 関西澤井隊)創立代表。
中国のクブチ砂漠の恩格貝地区、ボルネオ、モンゴルなど海外での植林を続けている。

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報