小説:戦場で取り上げた赤ちゃん

(著) 槙坪毅

Amazon

作品詳細

「この本は私の父が戦争という非情な環境に押し込まれながらも、一八六三年にアンリ・デュナンが提唱した赤十字憲章の基に母子の命を救った話を、子供ながらに聞かされたことを中心に父の奇跡的な生還を描いたものである」(あとがき)
青年軍医・時良は、南方戦線のニューギニアで想像を絶する過酷な戦いにのみこまれていく。激しい戦闘、マラリアと飢えにより次々と死んでいく仲間たち、玉砕――戦争の悲惨な現実を描き、命の重さと尊さを問う、傑作ヒューマンドラマ。

【著者プロフィール】
槙坪 毅(まきつぼ・たけし)

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報