小説 流砂の浜

(著) 清水直史郎

Amazon

作品詳細

「加世は小説家志望であるから、三人の芸術家が一つ屋根の下で生活するのは、何と素晴らしいことだろうと思ったのである。
その上、住む家の建物がよかった。明治の終わり頃、建てられたというこの別荘は、木組みに特徴のあるチューダー様式を取り入れた建物で、優美さと共に、時代的な風格を備えていた。
加世はこの家を最初に見た時から、すっかり気に入ってしまって、ここでの生活が夢見るような思いになってしまったのであった。
そして、ここでの生活が現実に始まり、加世にとっては夢のような一月が過ぎたのである。
しかし、彼女には、一つだけ気になっていることがあった。地下室であった。ここだけは、まだ覗いてもいなかった。」(本文より)

【著者プロフィール】
清水 直史郎(しみず・なおしろう)
1931年9月13日生まれ(群馬県高崎市)
群馬大学教育学部社会科(副専攻英語科)卒
群馬県内小中学校に勤務
現在、退職後自由生活、油絵を描き、小説などを書く。
白亜美術協会会員

新刊情報

百折不撓

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報