心の花園に一輪の花 ―人としても美しく―

(著) 山内美恵子

Amazon

作品詳細

[商品について]
俳句では伝えきれないもの。
それは、研ぎ澄まされた言葉に昇華される前の、雑然とした心の温もりである。
圧縮されダイヤモンドとなる前の、炭素としての人の輝きである。
魂の輝きも人の喜びや悲しみも、ここでは人の温もりを持ったまま、言葉に庭で踊っている。
十七文字では表しきれない思いを、糸を丁寧に編み込むように仕立て上げた、著者の初期を代表する随筆集。

「目次]
美しい女性
生命の輝き
「心を耕す」根
床の間の本
豊かさの中の貧しさ
心優しい風景
話し言葉
女 教 師
「許す」こころ
同 居 人
ぼくのお嫁さん
誕生日の贈り物
たえず進むべきである
幸福な時間
一万一冊めの本
充足の刻
障害児教育
ヒトリシズカの花
母 の 日
優しい眼差し
エゴの花
花の季節に
──歌人・上田三四二──
心の花園に一輪の花 ――人としても美しく――
あとがき
著者略歴

[出版社からのコメント]
上質な服には、袖を通して初めてわかる喜びというものがありますが、本書で紡ぎ出された言葉は、ちょうど仕立ての良い服を着たときのような肌ざわりで心に沁み込んできます。
変化の多い人生の四季の中で、ときに雲たちさわぐ予感を感じながら描かれる豊かな心の情景を、ぜひ味わってみてください。

【著者プロフィール】
山内 美恵子(やまうち・みえこ)
一九四〇年福島県生まれ。
一九六〇年度郡山女子大学短期大学部卒業。
二〇〇〇年「誕生日の贈り物」で第四十二回「日本随筆家協会賞」受賞。

著書に
随筆集『優しい眼差し』『慈しまれるいのち』、『いのちへの愛の眼差し』共著に『心に響いたことば』『思い出のアルバム』『愛のかたち』『愛の花束』現代詩歌集『薄浅葱色』『鏡花水月』『うつろひ』(美研インターナショナル)。 俳誌「森の座」会員。 東京都東村山市在住。

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報