愛でる

(著) 二宮愼二

Amazon

作品詳細

元気になれなくて、ごめんね——

「妻が身体の異変を訴えたのは、平成十六年の十月初めの夕食時だった」(本文より)

胆管細胞癌を発症した妻。抗ガン剤の副作用による食欲低下や脱毛、手術、再発……
いずれ死を迎えることを誰よりも知りながら、愚痴ひとつ言わず家族の身体を気遣う妻と、それを支える夫。2人は残された時間を、懸命に、そして前向きに生きた——
ガンと闘った夫婦の、最期の1年4ヵ月を描いた感動の一冊。

【著者プロフィール】
二宮 愼二(にのみや・しんじ)
1946年、岡山市生まれ
岡山県立岡山東商業高等学校卒業
主に民間会社の営業職に携わり、課長職、部長職を経験した後、ガラス・サッシの卸売、工事業会社の役員及び系列会社の代表取締役を歴任
1998年11月、行政書士の資格取得のため、同社を退職し郵便局非常勤職員
2002年3月、行政書士・経営管理事務所を開設
現在、二宮愼二行政書士・経営管理事務所所長
玉野市生涯学習推進本部(事務局・玉野市教育委員会)主催の「まちづくり出前講座」で生涯学習ボランティアとして講演を行っている
2007年11月、岡山県教育長賞(生涯学習)を受賞
著書に『行政書士 合格するためのマスターノート』(2003年4月文芸社刊)がある
資格:行政書士、宅地建物取引主任、経営労務コンサルタント、生涯学習1級インストラクター

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品