憲法九条を守るために: 年賀状に綴った平和への祈り1996‐2011

(著) 山浦巌

Amazon

作品詳細

「戦後、日本国憲法の制定によって天皇主権から国民主権になり、一人一人の基本的人権が尊重される民主主義の国になったことの意味を、どうか自分の生き方に結びつけて学んでほしいと思います。」(本書「結びにかえて」より)憲法九条を守るために生きた著者が、1996年から2011年まで年賀状に綴ってきた「平和憲法」に対する心の叫びを一冊にまとめた作品——小学生の時に戦争を体験した著者だからこそ書けた、平和に対する“熱き想い”に、私たちは耳を傾けなければいけない。

【著者プロフィール】
山浦 巌(やまうら・いわお)
1930 年、長野県上田市生まれ
東京教育大学(現筑波大学)文学部卒
長野県小諸高校・上田高校・屋代高校・上田東高校勤務
定年後、信濃予備校講師。1998 年退職
著書「守れ!憲法九条 - わが心の叫び -」

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報