新ひだ風土記: 飛騨の自然今昔

(著) 下畑五夫

Amazon

作品詳細

今も昔も変わらぬ飛騨の魅力——そこから学ぶべきは、自然との向き合い方。
「時間の流れの中で埋もれかけていた飛騨の風土を掘り起こし、新たに光を当ててみたい。その中から、忘れられている大切な視点が見えてくる。」(本書「はじめに」より)
江戸時代の飛騨を描いた『飛州志』と『斐太後風土記』の中の主に自然についての記述を現代の自然科学的視点から見つめ直し、風土を訪ね、古くて新しい飛騨を紹介した一冊。

【著者プロフィール】
下畑 五夫(しもはた・いつお)
1947年岐阜県国府町生まれ。1970年新潟大学理学部卒業。
岐阜県立益田高校小坂分校・高山工業高校・吉城高校教員(主に地学など理科)、岐阜県教育センター、岐阜県博物館
を経て、現在飛騨養護学校勤務。
以下の共著がある。
「日曜の地学 岐阜の地質をめぐって」/築地書館
「岐阜の理科ものがたり」/日本標準
「飛騨の大地をさぐる」/教育出版文化協会
「写真でみる濃尾震災」/岐阜新聞・岐阜放送
「飛騨おもしろ博物館」/中日新聞社
「身近な環境をしらべる」/東洋館出版社
「アースウォッチング イン 岐阜」/岐阜新聞・岐阜放送

新刊情報

22世紀アート
オフィシャルコーポレートサイト

百折不撓