新編現代語訳 すらすら読める落窪物語

(著) 三潴信道

Amazon

作品詳細

美しく心優しい「落窪の姫君」は、高貴な身の上でありながら継母にいじめられ、召使い同然の扱いを受けていた。そんな姫君にひとめぼれした貴公子は、彼女を救い出し継母に復讐することを誓う――
今から1000年以上前に書かれた「平安時代のシンデレラストーリー」が、現代語訳で手軽に読める。原文の筋を忠実に守りながら、現代の読者にもわかりやすいよう再編集。古典好きはもちろん、古典に苦手意識がある人も、楽しめること間違いなしの一冊。

【著者プロフィール】
三潴 信道(みつま・のぶみち)
1944年東京都港区に生まれる。早稲田大学第一政治経済学部経済学科卒。在学中、早稲田大学直心影流剣道会創設。日本勧業銀行(のち第一勧業銀行、現みずほ銀行)勤務。みずほ銀行関係会社を経て2007年定年退職

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品