日本語に隠れた77の仏教思想

(著) 霊元丈法

Amazon

作品詳細

「耳に慣れたことばの持っている本当の意味と、それが仏教という思想を下敷きにしていることに気づいていただいたら、きっと日本人の大事にしてきたものを思い出していただけると思います。」(本文より)「おしゃれ」や「びみょう」、「めちゃくちゃ」など、普段なにげなく使っている日本語のなかには、こんなにも仏教語があった⁉ 「あっと驚く仏教語」、「ことばに隠れた仏さま」、「禅語で見方をかえる」など計4章で構成。77の新発見、言葉を縁とした仏教入門書!

【著者プロフィール】
霊元 丈法(よしもと・じょうほう)
一九四六年(昭和二十一年)宮崎県生まれ。京都大学文学部卒業。大本山永平寺安居。大本山總持寺役寮、曹洞宗九州管区布教師、道元禅師大遠忌文化委員等歴任。昌竜寺住職。
主著に『曹洞宗檀信徒読本』(三成書房)、『食禅食悟』(さあら出版/韓国仏教春秋社 韓国での戦後初の日本人著作)、『道元・瑩山両祖のことば』(仏教企画)、『和尚さん教えて』(三成書房)など多数。

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報