海外ふたり旅:好奇心ほど人生を豊かにするものはない

(著) 中谷勝則

Amazon

作品詳細

[商品について]
――カナダで最北の都市・イエローナイフの由来は、次のどれでしょうか。
1.イエローナイフ族、2.銅製のナイフが発見された、3.岩の層の名前
正解は、本書8回目の旅「イエローナイフの歴史」をご覧ください。

一度で良いから――、その好奇心を満たす旅は、気づけば13回になっていた。1994年に初めて妻と共に海外旅行を経験して以来、ヨーロッパを中心にアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、トルコと巡った日々は、その間に家族の世代交代も進んだ、夫婦の人生の歩みにも重なる。旅の空で定年の日を迎えたり、戦争の記憶に出会ったり、多くの思い出を残した、忘れえぬ「海外ふたり旅」の記録。

[目次]
はじめに
1,初めての海外旅行 (海外一回目1994年)
2,メモリアルの第二幕(海外二回目1995年) カナダ・ニューヨーク
3,ハワイ (海外三回目1996年)
4,ギリシャ・パリ (海外四回目1997年)
5,ドイツ・リヒテンシュタイン侯国・スイス・オーストリア (海外五回目1999年)
6,グランドキャニオン・ラスベガス・サンフランシスコ (海外六回目2000年)
7,ノルウェー・デンマーク (海外七回目2001年)
8,カナダ(イエローナイフ) (海外八回目2001年)
9,スペイン (海外九回目2001年)
10,世代交代期 (2000・1~2009・12)
11,オーストラリア・ニュージランド (海外第十回目2010年)
12,三度目のスイス (海外十一回目 2010年)
13,ト ル コ (海外十二回目2011年)
14,中央ヨーロッパ八ヶ国の旅 ドイツ・ポーランド・オーストリア・スロベニア・ハンガリー・クロアチア・スロバキア・チェコ (海外十三回目2012年)
15,番外編①  山口県・大津島 2011年
16,番外編② 「戦後七十年」に想う
17、あとがき
「その後」①
「その後」②
「その後」③
「その後」④
「その後」⑤
18、自分史「海外ふたり旅」のフィナーレ
著者略歴

[出版社からのコメント]
人間の様々な活動の根源をなすものの一つが好奇心であるとすれば、旅も人生も好奇心によってこそ実り豊かなものになっていくのかも知れません。本書の中にある旅を通じて、多くの方にその実りを感じていただければ嬉しく思います。

[著者略歴]
中谷 勝則(なかたに・まさのり)

新刊情報

22世紀アート
オフィシャルコーポレートサイト

百折不撓