田原坂: 短歌とエッセイ(電子書籍版)

(著) 永山健二

Amazon

作品詳細

「田原坂が大好きになりました」ガイドわれに微笑(ほほえ)みながら少女寄り来る——

「田原坂でボランティアガイドを始めて、早や十五年、また、退職後も十五年となります。この間、ガイドをしつつ感動したことを、学生の時より続けている短歌に表現して来ました。それらの短歌を記したノートを整理しつつ、かなりの数になることが分かり、一つの区切りとして歌集にまとめようかと思うようになりました。」(本書「あとがき」より)

平成9年より田原坂でボランティアガイドを務めている著者の短歌&エッセイ集。
田原坂をはじめ西南戦争の戦跡などを詠んだ短歌333首、そして史跡案内をしながら感じたことをまとめた4編のエッセイを収録——歌集と戦跡ガイドを兼ねた稀有な一冊。

【著者プロフィール】
永山 健二(ながやま・けんじ)
昭和11年生まれ。熊本市植木町在住。
平成9年より、田原坂にてボランティアガイドに従事。
植木町観光ガイドの会会長。(平成二十~二十三年)
歌誌「アララギ」を経て、「青南」会員。
歌集に「灯」、「この子らと共に」、「朝の校庭」がある。

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報