白藪椿: 毛利輝元の密謀

(著) 平川弥太郎

Amazon

作品詳細

大坂夏の陣。萩藩毛利家は、表向きは徳川方に立っていた。しかし、豊臣方をひそかに助けるため、毛利輝元の密命をうけて、重臣・内藤元盛は、牢人佐野道可として大坂城へ潜入する──。毛利のお家を守るため、勝機の見えぬ謀略を遂行した、「佐野道可事件」として後世にもしられる内藤元盛とその一族の悲劇を、豊富な資料をもとに描く歴史ロマン。

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報