知って得する リバース・モーゲージ: 高齢者の生活資金捻出の切り札

(著) 中谷庄一

Amazon

作品詳細

"「リバース・モーゲージ。耳慣れない言葉ですが、この制度は、高齢社会を迎える我が国では、場合によっては、老後の切り札となるに違いありません。21世紀には少子高齢化時代が必ず来る、若者が高齢者を支えきれない時が来ます。その時、高齢者はどうすればよいのでしょうか? 自分で自分を助ける自助しかないはずです。この自助の中で、金銭に関する面での選択肢の一つとして、リバース・モーゲージという制度が脚光をあびているのです。」(本書「むすび」より)

高齢化社会と呼ばれて久しい日本。老後に不安を感じている人も多いのでは? 特に生活資金面で……でも、安心してください! 「リバース・モーゲージ」があなたの老後を幸せにします! 本書は日本社会の現状(問題)を論じたうえで、自宅を担保にした融資制度のひとつである「リバース・モーゲージ」の仕組みと役割を丁寧に解説した入門書。老後の生活を安心・安全に過ごすための情報が満載の一冊となっている。
これを読めば、あなたのセカンドライフも輝きだす!

【目次】
はじめに
第Ⅰ部 少子高齢化と自助努力 財政面からみた社会保障の問題点
第1章 21世紀最重要課題の一つ
第2章 日本の少子高齢化——30年後には65歳以上が1/3に
 1 日本の年齢区分別人口構成
 2 少子化と高齢化の原因
  3 介護における看護者・介護者の高齢化 
 第3章 財政面からみた社会保障の問題点——後世代の負担増
  1 医療・年金面における世代間不公平
  2 後世代負担増と高齢者の自助努力
  3 経済成長の鈍化と社会保障の見直し
 第4章 財政面における問題点への対応——応分の自己負担とセーフティネット
  1 日本の社会保障と企業の福利厚生
  2 高齢者は貧乏ではない、応分の負担を
  3 社会的弱者に対するセーフティネット
  4 寄付に対する税制面での優遇策
 第5章 高齢者自身が考える自助努力——頼りになるリバース・モーゲージ
  1 応益負担の合理性
  2 リバース・モーゲージと自助努力
  3 高齢者の健康と介護
  4 高齢者の生きがい
  5 老後のための財産五分法
  6 尊厳死と安楽死
第Ⅱ部 リバース・モーゲージの仕組みと役割 高齢社会の3K(健康・介護・金)を自助努力でクリアー
 第1章 リバース・モーゲージとは——老後の生活保障の切り札
  1 制度利用の仕組み
  2 制度の必要性とそのメリット
  3 制度導入の背景
 第2章 日本のリバース・モーゲージの現状——地方自治体、銀行とも消極的
  1 制度導入自治体の現状と問題点
  2 制度導入銀行の現状 
  3 国・自治体・銀行の取り組み姿勢
  4 地方銀行・信用金庫の新しい取り組み
 第3章 制度利用の問題点と対策——リスクと公共性
  1 問題点 
  2 推進への提言
補論 1 政府・自民党の政策  
   2 アメリカのリバース・モーゲージとHECMの仕組み
むすび
あとがき

【著者プロフィール】
中谷 庄一(なかたに・しょういち)
高齢者問題研究家

1935年9月9日生まれ、大阪府出身
1955年   高槻中学・高校卒業
1958年3月 甲南大学経済学部卒業
1988年6月 ㈱大和銀行定年退職
1995年9月 大和ファクターリース㈱退職
2001年3月 立命館大学大学院博士前期課程修了
2002年3月 大阪大学大学院人間科学研究科単位取得
2002年4月 関西大学大学院法学研究科単位取得
(NPO法人NALC会員)

(最近の主な活動)
1998年9月15日付朝日新聞「論壇」に研究発表
テーマ「リバース・モーゲージと銀行の役割」
1999年12月2日 NHKラジオ「いきいき倶楽部」(午前9時~9時45分)に出演
テーマ「リバース・モーゲージ」
2000年10月より 大阪府立茨木高校特別講師、大阪大・立命館大・甲南大などの特別講師、その他講演会特別講師として活躍
2002年8月15日 著書『リバース・モーゲージって何だ?』(文芸社)を全国出版
2003年11月23日 ニューヨークで「荒城の月」「月の沙漠」など、有名ホールで歌う
2004年1月12日 高槻市文化事業団主催「花ざかりの人生に拍手」で講演と独唱
2005年3月19日 高槻商工会議所主催「高槻クラブ」で講演
2009年12月12日 りそな銀行神戸支店主催「コンサートと経済講演会」に出演
2010年3月13日 東京都世田谷区成城で、曹洞宗「耕運寺」主催文化懇話会で講演
2010年10月24日 千葉県御宿、「第一回月の沙漠音楽祭」に出演、特別賞受賞
2012年12月8日 NHK神戸放送局トアステーションで「155歳のチャリティーコンサート」に出演(NALC東神戸主催)ルミナリエに協賛
2013年12月7日 兵庫県立美術館でチャリティーコンサート開催(NALC東神戸主催)
2014年5月27日 東北・仙台での、NALC設立20周年総会に出席、地元を励ます行事に参画、コーラスの一員として舞台で歌う
2015年1月12日 兵庫県立美術館で、小児がんの子供達の施設「チャイルド・ケモ・ハウス」を応援するチャリティーコンサート開催(NALC東神戸主催)
2015年7月21日 大阪市西天満で、西中務弁護士企画、エートス法律事務所で「リバース・モーゲージ」勉強会実施、約80人参加
2016年2月10日 尼崎市、ホップインホテルで第205回「未来会」に招かれ講演する

新刊情報