聖火が信州にやってきた!:長野オリンピック招致 挑戦の記録

(著) 木田健二郎

Amazon

作品詳細

あの感動を、もう一度。
「スポーツの祭典・オリンピックに参加するのは、選手ばかりではない。観客、ボランティア、そして「仕掛け人」もまた参加者なのだ。夢のステージには、魅力、発見、喜びが満ちている」(はじめに)
1998年長野オリンピック招致の〈仕掛け人〉である作者が、招致のために駆け回った日々と、華やかで胸躍る16日間を振り返った回顧録。2020年東京オリンピック目前の今こそ読みたい一冊。

【著者プロフィール】
木田 健二郎(きだ・けんじろう)
1941年長野県信濃町に生まれる。
長野高校、法大卒業後
1964年信濃毎日新聞社入社
広告・事業関係に勤務。
長野オリンピック招致活動
1998年長野冬季オリンピック「Team'98」
2005年スペシャルオリンピックス冬季世界大会
長野オリンピック記念長野マラソン大会に従事。
その後TOKYO2016・TOKYO2020オリンピック・パラリンピック招致にたづさわる。

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報