自分の幸せを生み出す生き方:自助の幸福論

(著) 楊尚眞

Amazon

作品詳細

[商品について]
―きっかけは、いつもすぐ傍にある―
仕事、人間関係、家庭環境など、日常生活の様々な場面で不幸の原因を自ら生み出してしまっている、そんな風に感じることはありませんか。自分の行動によってさらに悪い状況を引き込んでしまい、その結果として不幸になっているということはないでしょうか。
本書は、幸せをつかむための秘訣や方法を知らないために、幸福な人生を送ることができない日々を送っている方に向けて、どんな状況におかれても満足し、幸せな日々を送るにはどうすればよいかについて、その考え方を示した作品です。
かけがえのない大切な人生を幸福に生きるための一書として、示唆に富む内容となっています。

[目次]
はじめに
1.善良な心をもとう
2.思いやりと気配り
3.幸福な人間関係
4.出会いを大事にする
5.人を褒めよう
6.ユーモアの心
7.笑顔は幸せをよぶ
8.自分をよく知る
9.自分の強みは何か
10.自己の価値を高めよう
11.人格を訓練せよ
12.良い品性を養う
13.謙遜な態度をもつ
14.自己を解放せよ
15.自分を励ます
16.身だしなみを大切に
17.責任感は幸福感
18.人を助ける喜び
19.思いやる愛
20.愛は幸福をもたらす
21.愛すほど愛される
22.重荷を分かち合う愛
23.理解する愛
24.人を喜ばせる愛
25.穏やかな愛
26.友情の幸福
27.享受しているものに感謝
28.不平不満からの脱出
29.人の過ちを赦す
30.言い訳をしない
31.怒りを治める
32.自信と幸福
33.執着の精神
34.失敗と挑戦
35.恐れず、あきらめず
36.逆転の知恵
37.自分の舞台を見つける
38.情熱と愛情をもって働く
39.幸福な仕事生活
40.リラックスは仕事の活力
41.心の初期化
42.貧困であっても幸福になれる
43.逆境は幸福の原動力
44.悪い習慣が幸福を壊す
45.比較病からの解放
46.依存症は幸福の敵
47.復讐は幸福の敵
48.退くべき時に退く
49.時間の計画
50.今日を充実に生きる
参考文献

[出版社からのコメント]
世の中には、自分ではどうしようもない原因によって不幸になってしまう人がいる一方で、日常の中にある隠れた不幸の芽を摘み取ることでそこから抜け出せる人もいます。自分ではなかなか気づきにくい不幸の芽を知り、幸福な日々を過ごすための一助として、多くの方に本書をご活用いただけることを願います。

[著者プロフィール]
楊尚眞
米国ニューヨーク州立大学バッファロー校卒業 文学士(B.A)
韓国延世大学大学院 神学修士号(Th.M)
シカゴ神学大学院 牧会学修士号(M.Div)、
牧会学博士号(D.Min)、哲学博士号(Ph.D)を取得
現在、弘前学院大学文学部教授

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報