農民探偵 骨井万作の事件簿

(著) 髙橋堅悦

Amazon

作品詳細

何かさっきから髪の中でうごめく虫らしきものを感じていた。
「ヒットマンです」
人先は言って、唇を一文字に結んだ。
「ヒットマンって、あの殺し屋の」
「はい。——」
                     「グットマン、笑った」より

短髪でやや肥満気味、本業は農業、そして時に探偵に変身する骨井万作。人間の特徴を色と音で記憶する特技を持ち、剣道の腕もなかなかだが、不器用なところが玉に瑕。農民探偵・骨井万作が大活躍する、スリル&ユーモアに満ちた連作短編集! 「グットマン、笑った」「烏の過失」「翡翠」「探偵遊戯」の計4編を収録——今までにない、異色の探偵小説!

【著者プロフィール】
高橋 堅悦(たかはし・けんえつ)
昭和26(1951)年岩手県生まれ。
第32回地上文学賞受賞。
岩手県花巻市在住。

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報