遅球に乾杯!: 伝説の投手 星野伸之

(著) 秋吉泰郎

Amazon

作品詳細

「プロ野球の長い歴史の中で、こんな投手はこれまでいなかったことだろう。そしておそらく、今後も再び出現しないだろう」(本文より)
常識外れの遅い球とスローカーブを武器に、2000奪三振や11年連続二ケタ勝利など数々の偉業を達成した伝説の左腕、星野伸之。その唯一無二の個性と魅力をプロ野球通の作者が徹底分析し、19年の選手人生を熱く語る。
現役時代を知っている人も知らない人も、読んでいてワクワクすること間違いなし! 全プロ野球ファンの必読書。

【著者プロフィール】
秋吉 泰郎(あきよし・やすお)
1960年(昭和35年)12月28日、東京生まれ。専修大学法学部卒業。東京の某信用金庫勤務。1972年(昭和47年)から阪急ファン。阪急―オリックス―阪神を通じて星野伸之投手を応援。中学生時代より新聞・雑誌等への投稿が趣味。本書が第一作となる。

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報