風のごと

(著) 西川日惠

Amazon

作品詳細

歌人・西川日惠氏が詠みあげる、6年間に及ぶ歌日記。

表題作「風のごと」では、

ー風のごと添ひてやさしき妻なりき
   しみじみと想ふ忌に経をあげてー

すぐそばにそこはかとなく漂う妻の名残と慕情を歌います。

また、「ブルームーン」では、

ー病み上がりを桜堤にタクシー捨て
   花見して帰れば膝の笑へりー

季節のささやかな楽しみを共感させる短歌をおかしみを込めて歌っています。

本書は、誰しもが一度は抱いたことがあり、また近い将来抱くであろう感情を、ストレートに表現した歌集です。

西川氏の短歌には鮮烈な情景が伴います。
その心地よさの中で夢見心地で楽しめる、人に温かく寄り添った歌集です。

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報