風景の勾配(グラディエント):「自然」「都市」「建築」 の情景

(著) 河田新一郎

Amazon

作品詳細

[商品について]
―モノクロームと色彩の狭間にあるもの―
実際とは異なるモノクロームの世界として抽象的な世界を表現する鉛筆画。本書は、都市空間に生まれる建築物と環境が一体となった美しい光景の魅力を多くの人に伝えるために、その鉛筆画の表現世界を一歩進め、色彩を施した「彩色鉛筆画」として、よりリアルな表現に近づこうと試みた作品集である。前著『風景素描』の中から作品を選び彩色鉛筆画とした36点とバンクーバーを題材とした18点に、新たに作成した鉛筆画13点を収録する。

[目次]
プロローグ prologue
図版
欧米・日本[Ⅰ] [彩色鉛筆画]
[凡例]
コメントと図版
カナダ バンクーバー  [彩色鉛筆画]
[凡例]
コメントと図版
日本[Ⅱ] [鉛筆画]
[凡例]
コメントと図版
掲載作品リスト
エピローグ epilogue
資料
カナダ バンクーバーについて
ルーファス・リン・ギャラリーについて
第1回個展 ―風景の記憶―
第2回個展 ―風景の記憶 Ⅱ―
著者の略歴

[出版社からのコメント]
線の表現が生みだす抽象的な言葉と、色彩の表現が生みだす感覚的な言葉は、無機質な建築物と人間や植物といった生命が混然とする都市の景観を描くときに、表現としてよりどちらの言葉が相応しいのかという点で、都市や景観の本質に目を向けさせる力を持っているように思います。本書の作品を通じて、ぜひそうした表現の魅力を味わっていただければ嬉しく思います。

【著者略歴】
河田新一郎(かわだ・しんいちろう)

1940年(昭和15年)   東京都世田谷区に生まれる
1959年(昭和34年)   早稲田大学高等学院卒業
1963年(昭和38年)   早稲田大学第一理工学部建築科卒業
1966年(昭和41年)   早稲田大学大学院理工学研究科
             建設工学専攻修士課程修了
             日建設計工務(株)(現日建設計)入社
1979年(昭和54年)   (有)千秋設計事務所入所
1980年(昭和55年)   (株)東急設計コンサルタント入社
1992年(平成4年)   (株)河田建築設計事務所を設立
2000年(平成12年)   河田建築設計事務所に改組

2003年(平成15年)   早稲田大学稲門建築会彩寿会 第28回「彩寿会展」出展
             以後 秋季展を含め19回・毎年出品
             日本建築家協会関東甲信越支部 ミケランジェロ会
             第21回「ミケランジェロ会展」出展
             以後 新宿プロムナード ギャラリー展を含め15回・毎年出品
2004年(平成16年)   日建設計・東京 OBアートクラブ第3回「そらいろ展」出展
             以後9回・毎年出品
2005年(平成17年)   第56回「神奈川県勤労者美術展」出展
2006年(平成18年)   第57回「    〝     」出展
2007年(平成19年)   画集風景素描「自然」「都市」「建築」上梓
2009年(平成21年)   第1回個展 ―風景の記憶―「自然」「都市」「建築」
2010年(平成22年)   カナダ リッチモンドに在るルーファス・リン・ギャラリーに出展
             以後4回出品
2012年(平成24年)   第7回「稲美会展」出展 以後1回・毎年出品
2013年(平成25年)   第2回個展―風景の記憶Ⅱ―
                 「バンクーバーを中心として」
             画集 風景素描Ⅱ「自然」「都市」「建築」上梓

新刊情報

22世紀アート
オフィシャルコーポレートサイト

百折不撓