食生活で人生に勝つ:病気にならないからだを作る食事法

(著) 黒田正宏

Amazon

作品詳細

[商品について]
―欧米人になるのは良いことなのか―
戦後、国を挙げて推奨された「欧米型食生活」は、結果としてガンや心臓病、脳卒中などの各種疾病の急増を招きました。
世界的な長寿国となる一方で、少子高齢化と共に増加する医療費による財政のひっ迫のリスクにさらさる現代の日本において、今後私たちに求められるのは、「いかに病気にならない生活を心がけていくか」であると言えます。
本書は、薬学に携わってきた著者が、健康に対する食事の重要性について様々な視点から分かりやすく解説した作品です。
健康のために毎日の食事を見直す最初の一書として、多くの方にお勧めしたい内容となっています。

[目次]
電子書籍を出版するに当って
はじめに
第一章 新しい食べ方
第二章 食事に関する認識の間違い
第三章 避けたい食物
第四章 肉食について
第五章 油について
第六章 砂糖
第七章 野菜
第八章 魚
第九章 ミネラルおよびビタミン
第十章 肥満
第十一章 アレルギー
第十二章 食事の精神に及ぼす影響
第十三章 食品添加物の害
第十四章 遺伝子組み換え食品
第十五章 食事の本質
あとがき

[出版社からのコメント]
現代の私たちの食事は「おいしさ」や「手軽さ」ばかりに向かい、私たちの祖先がしてきた様な、自然の恵みに感謝する食事が失われてきている様に思います。自らの体を形作る食事について、ぜひ多くの方が本書を通じて見直す機会を持っていただければ嬉しく思います。

【著者プロフィール】
黒田 正宏(くろだ・まさひろ)
1941年、広島県生まれ。
1959年、広島県立庄原高校卒業。
1964年、東京大学薬学部卒業。
1971年、福岡大学薬学部修士課程修了。
1998年、陸上自衛隊定年退職。
現在、製薬会社勤務。

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報