黒船の来た街で: 名もなき税務署長の事件簿

(著) 山本髙志

Amazon

作品詳細

親友の死から始まった連続殺人事件の謎に、「税務署長探偵」が迫る!

東京国税局から伊豆下田税務署に異動してきた新任署長の「私」のもとに、古くからの友人・吉川の死を知らせる電話が。死の真相をつきとめるべく訪れた先で、第二の死体を発見。さらに、事件を調べる「私」自身にも命の危険が迫る! 犯人は誰か? そして事件の意外な真相とは――
「税務署長探偵」の活躍を描いた本格ミステリー。表題作ほか2編を収録。

【著者プロフィール】
山本 髙志(やまもと・たかし)
昭和25年 生まれ
昭和45年 東京国税局入局
平成11年 税務大学校教授
平成14年 日本橋税務署副署長
平成16年 下田税務署署長
平成18年 東京国税局
事務管理第三課長
平成19年 東京国税局
事務管理第一課長
平成20年 税務大学校
東京研修所所長
平成21年 豊島税務署署長
平成22年 新宿税務署署長
平成23年 税理士登錄

新刊情報

22世紀アート
オフィシャルコーポレートサイト

百折不撓