10坪の楽園--ともに過ごす野鳥たち :不思議な巡り逢いと人生を俳句に

(著) 佐山勲

Amazon

作品詳細

[商品について]
―籠はなくとも楽しい野鳥生活―
低木を植えた十坪ほどの庭に四季を通して訪れる小鳥達。自然との関わりが少なくなっている今、野鳥は自然と向き合い、心に豊かさを蘇らせる大切な存在であると言えます。本書は、その私たちの良き友である野鳥について、興味を持ち始めた中学生の頃から長く触れ合ってきた著者が、愛する心に応えてくれる鳥たちと生きてきた経験をもとに、ウグイスやセキレイ、ルリビタキなど様々な鳥たちとの出会いと別れ、そして無知ゆえに犯した過ちを、深い感謝と自戒の念を込めながら綴った作品です。小鳥を題材にした俳句とあわせ、鳥と自然を愛するすべての人にお届けしたい内容となっています。
※記録として撮影した動画が、作中のQRコードからYouTubeで見られます。

[目次]
一、はじめに
二、ウグイスとの出会い
三、ハクセキレイとの出会い
四、障害を持ったヒワ
五、再生したルリビタキ
六、ノビタキ・メジロ・ジョウビタキ・スズメ
七、シジュウカラの家族と私
シジュウカラのその後
キジバト
アカショウビン
「鳥飼いの勲」さんへ ―大山雅由からの伝言
跋 ―記録から記憶へ―
あとがき
著者略歴

[出版社からのコメント]
自然や生きものを愛するということは、溺愛したり過保護になるということではなく、相手を深く知り、正しい距離で適切につき合っていくということなのかも知れません。本書を通じて、あまりにも身近な存在である鳥たちに改めて目を向け、人と自然との関わりについて考える機会を持っていただければ嬉しく思います。

【著者略歴】
佐山勲(さやま・いさお)

1941(昭和16)年 東京都中野区生まれ
1998(平成10)年 (株)フジタ 退職
2001(平成13)年 俳句勉強会「櫂の会」入会
2005(平成17)年 「隗」同人
2013(平成25)年 俳人協会会員
2013(平成25)年 句集『小鳥とともに』刊行
2014(平成26)年 新潟県俳句作家協会会員
2016(平成28)年 「朱鷺」同人

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報