利益をあげる企業経営ーー儲かる企業と儲からない企業は何が違うのか

(著) 上坂朋宏

Amazon

作品詳細

[商品について]

―経営は、経営者が考えていることにしかならない―

経営者にとって最も関心が高く、かつ頭を悩ませるのは「いかに利益を上げるか」ということでしょう。実際問題として、世の中小・中堅企業の中には中々利益が上がらない企業もあれば、すばらしい利益を上げている企業もあります。両者の違いは、いったいどこにあるのでしょうか。本書では、会計士・税理士としてこれまで多くの企業経営に関わってきた著者が、利益が出る企業の特徴や利益を上げるための考え方を法則化し、「経営者」の視点で考えていきます。「理念」ある企業経営者となるためのヒントが詰まった一書です。


[目次]

はじめに

第1章 経営のヒント

第1部 企業経営のヒント

□1経営の原則

□2素直な心

□3オーケストラ型経営

□4勝ち組経営の共通点

□5「私から見た、儲かる会社はここが違う」

□6赤字の原因①

□7赤字の原因②

□8赤字の原因③

第2部 経営者へのヒント

□9失敗の共通項

□10意思決定のポイント

□11経営者の魅力

□12あなたはどっち? 「やさしくてきびしい人」と「きびしくてやさしい人」

□13経営者の仕事

□14妥協してはいけない

□15「経営」とは芸術作品

第2章 人材について

□1人を育てるということ

□2仕事の味

□3最高の人生を提供できる企業

□4お客様の要望を先取りできるスタッフをどう育てるか

□5人財・人在・人罪 パート1

□6人財・人在・人罪 パート2

□7些細(ささい)なこと

□8我が家の話

□9こんな人に育てたい

□10終身雇用

□11リーダーが必要な理由

□12人事制度

□13組織①――価値観の多様化

□14組織②――労働者の欲求

□15組織③――個人目標と組織目標

□16組織④――現代に合致した組織

□17人件費

第3章 会計について

□1会計の目的

□2会計の全体像

□3経営から見た経理の役割

□4キャッシュフロー計算書と設備投資

□5時価主義

□6会計についての考え方(まとめ)

参考文献

【著者紹介】


[担当からのコメント]

本書は経営という視点から書かれた本ですが、従業員という視点で読んでもまた参考になる内容となっています。組織の一員であっても経営視点を持つことを求められる現代、そんな時代を生きる全てのビジネスパーソンにお薦めしたい一書です。


[著者紹介]

上坂朋宏(うえさか・ともひろ)


昭和33年福岡県生まれ。昭和55年同志社大学商学部卒。公認会計士、税理士。大手監査法人を経て、平成2年㈱上坂経営センター設立。

現在、税理士法人 上坂会計 代表社員、上坂公認会計士事務所長、㈱上坂経営センター代表取締役、㈱ライフデザイン研究所代表取締役、㈱ビジネス・アイ代表取締役、社会保険労務士法人 上坂&パートナーズ会長などを務め、経営、会計、相続、FP、ITをカバーして、上坂会計グループを形成。顧問先は法人、450件、個人、130件。スタッフ数48名(令和4年3月現在)。鳥瞰塾・育志塾主宰。

著作に、『会計士が贈る経営のヒント』『完全相続対策』(総合法令出版)『経理の実務レッスン』(税務研究会)『資金運用ガイド』(税研情報センター)ほか。

ホームページアドレス www.uesaka.ne.jp

eメールアドレス info@uesaka.ne.jp

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報