ふたつの絆

(著) 上杉辰

Amazon

作品詳細

[商品について]
九死に一生を得て捕虜となり、マニラで終戦を迎えた青年。
ソ連軍の侵攻により家族と離れハルピンから引き揚げてきた少年。
急速に変わりゆく戦後社会の中で、政治や裏社会に足を踏み入れながら、彼らは何を思い、どの様に生きたのか。
「家族」とは、「生きる」とは、「やさしさ」とは――。
戦争という現実を背負った二つの人生を、人生の四季の中で丁寧に描く二つの小説を収めた作品集。

[目次]
第一話 消えなかった炎
 忌まわしき青春
 再出発の始まり
 思いもせぬ出来事
 煩悩
 苦悩
 病と決意
第二話 人生浮き沈み
 一 願いとは
 二 茨の道
 三 不思議な出会い
 四 正義の道程
 五 日中間への思い
 六 私の身の上話し
 七 計報
 八 生まれ故郷へ
 九 朗報
著者略歴

[出版社からのコメント]
人間に限らず、生きるものは長く生きれば生きるほど、多くの傷を負っていきます。それでも立って前に歩き続けなければならない私たちにとって、本当に大切なものとは何でしょうか。本書に収められた二つの人生の行方から、様々な思いを感じ取っていただければ嬉しく思います。

[著者プロフィール]
上杉 辰(うえすぎ・しん)(本名 穐山和壽)
人様に語るほどの経歴はございませんので、ご容赦ねがいます。

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品